RSS | ATOM | SEARCH
まいぷれ八戸に野原のショップページができました!

こんにちは。

 

地域密着型情報サイト「まいぷれ八戸」の野原のショップページができました👏。

 

まいぷれ八戸担当のNさんが撮ってくれた最新の雑貨写真なども掲載されています。

 

下記よりご覧ください。

現在トップページに掲載されているので、トップページよりクリックするとショップページへ飛べます。

 

「まいぷれ八戸」

http://hachinohe.mypl.net/

 

 

 

 

author:野原スタッフ, category:日常, 16:59
-, -, bookmark
2月18日イベント開催決定!

こんばんは。

 

今朝起きたら一面雪でしたね⛄と言っても、実際はもっと積もってるかと覚悟しましたが、そこまでではなくて少しほっとしました。もし、雪でお困りの際は野原では除雪機も取り扱っているのと、修理もできるので使う前にメンテナンスしたい場合もご連絡下さい。

今の時代、メンテナンスできるところって少ないので、野原を是非頼って下さいね。

 

ところで、先日ご案内したえんぶりの日程が決まりました!

 

そして、野原ではえんぶりが来る日に「野原マルシェ」というイベントを開催します!

マルシェとは市場のこと。

店内で、薪ストーブ以外の素敵なお店の商品も展示販売される予定です。

どんなお店が来るのかはまたご報告しますので楽しみにしていてくださいね。

 

日時:2月18日(日) 10:00〜16:00を予定

店内はこの日1日特価セール開催!輸入雑貨なども15%オフで販売します!

 

えんぶりは下記時間で見られます!

それぞれの組によって内容が全然違いますので、是非この機会に両方見られる方はせっかくの機会ですのでご覧ください。

●鳥谷部えんぶり組 10:30頃〜

●平内えんぶり組  13:30頃〜

 

(有)野原 川上恵

author:野原スタッフ, category:日常, 19:00
-, -, bookmark
町内の親子クッキングに参加してきました

行ってまいりました!

昨日の階上町の道仏公民館で行われる親子クッキング教室♪

 

昨年末の野原で行ったカルチャー教室が縁となり、今後階上町の講座に講師と呼ばれることになった友人の石岡裕子先生

 

この階上町の公民館での親子クッキングは今後もシリーズ化して続いていくことになったのですが、昨日はその第一回目でした。なんと参加費は無料の材料費のみで一人たったの400円!この安さで料理教室に参加できるってすごくないですか?しかも、何よりも未就学児からの参加ができる料理教室ってそんなにないと思うのですが、この講座は、小さい子でもお父さんやお母さんと一緒に参加できるのです!!!先生が工程をまず自分が一度見本となってわかりやすく作りながら説明してくれたので、うちの3歳と5歳の息子もそのあと見様見真似でやれて、とっても楽しかったようでした!

 

 

焼きあがったチョコレートブラウニーに粉砂糖をふりかけるところ

 

こんなに至近距離でアットホームな雰囲気でやる料理教室。子供たちも興味津々!

 

 

 

焼きあがったチョコレートブラウニーにデコレーションするのがとっても楽しかったようで、子供たちみんなそれぞれ思い思いにデコってました。うちの3歳の息子のデコっぷりが凄すぎます・・・。左側が5歳が描いたゆきだるまや猫ちゃん。そこに進出していくおそるべし3歳。この見た目はちょっとですが(笑)、味はとっても美味しかったです。

 

また次回もこのイベントがあるときは、野原でも告知していきますね〜。今回八戸市内の方も参加しており、町民でなくても参加できますので、是非小さいお子様がいる方はこの親子クッキング楽しみにして下さい♪

 

 

author:野原スタッフ, category:日常, 10:46
-, -, bookmark
明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!!

 

野原は明日から本格始動します。

 

明日からの3日間は「あったまる3日間♪」ということで、

/泥好函璽屬任△辰燭泙

¬砧舛離后璽廚任△辰燭泙

初売りセールでふところもあったまる

 

というあったまりまくりの3日間です。

 

スープは、最終的にミネストローネとオニオンスープをふるまうことにしました!

そして、なんとなんと、初日はおしるこもあります♪

 

寒い毎日ですが、野原の店内はポッカポカ。是非あったまりに野原へどうぞ〜

author:野原スタッフ, category:日常, 18:34
-, -, bookmark
仕事納めでした。

こんばんは。

 

野原は今日が仕事納めでした。店内や事務所の大掃除をして気分もスッキリです。

今年は、父が34年前から始めたこの野原を私たち夫婦が引き継ぐことになり、初めてのことだらけの中で夢中で突き進んだ1年でした。初めてのことばかりで至らないことも多かったと思いますが、来年は今年の反省を活かして更に更に突き進みたいと思います!

先代の社長がこれまで築いてきたものを大切に守りつつ、私たちらしさもどんどん取り入れてお客様に喜んでもらえるお店にしますのでご期待ください!!!

 

本年も野原をご愛顧いただき誠にありがとうございました!

また来年も引き続きよろしくお願いいたします。

 

来年は1月6日からの営業になります。

初日から3日間は初売りセールを実施します。薪ストーブで作った美味しいスープをご用意してお待ち申し上げております。

今考えているのは、コーンポタージュスープとコンソメスープと甘酒にしようかなぁというところです♪

甘酒はスープではないですが( ´艸`)、美容にとっても良いらしいので私自身今から楽しみです♪

 

 青森は寒い日が続きますが、皆様も御身体に気を付けてお過ごしください。

それでは、良いお年を〜〜〜!!!

 

 

(有)野原 川上恵

 

 

 

author:野原スタッフ, category:日常, 18:14
-, -, bookmark
「あったまる3日間」のお知らせ <年末年始営業について>

こんにちは。

 

今日は階上も雪⛄がたくさん降っています。このまま積もると雪だるまが作れる!ときっと子供たちは喜びそうですが、実際、雪がたくさん積もると出勤するのにも一苦労ですよね。野原では除雪機も取り扱っていますので、何かあれば是非ともご相談下さい。うちで買って頂くと、修理もできるというのが強みです!

 

ところで、年末年始の野原のスケジュールをお知らせします。

野原のお正月休みは、12/30〜1/5までとなります。

 

そして、年明けの1/6(土)、1/7(日)、1/8(祝月)と3日間、初売りセールを開催します!

「あったまる3日間」と題して、薪ストーブで作った温かいスープを振る舞う予定です。

あと、年始なので甘酒も用意するかもです♪ご期待ください。

 

薪ストーブの暖かい店内で温かいスープを飲み、特売品をゲットして懐もあたたかくして下さい!

「あったまる3日間」お待ちしております。

 

*29日までは通常通り営業しております。

 

 

author:野原スタッフ, category:日常, 15:53
-, -, bookmark
メリークリスマス!

メリークリスマス♪

 

週末野原では、ピザ焼き体験を行いましたが、青森テレビ「わっち」を見たというお客様がお子様を連れてたくさんピザ焼き体験をしに来てくれました。ありがとうございました。

 

今回はマシュマロ&イチゴ&抹茶ピザと、サンタピザ(えのき、チーズ、ウインナー、ミニトマト、ピーマン、パフリカ)をメインに作りました。

 

実は、「わっち」の生放送で作ったサンタ、後から録画したのを見てみたらまゆげがなかったですた(笑)。焦ってピーマンのまゆげを忘れていたようでした。本当はこういうサンタでした。この時は、サンタの白いおひげを表現するのに、ホワイトマッシュルームが良いか、えのきが良いか迷って両方載せていました。そしてこの試作を見て、えのきに決定!

 

 

あ、まゆげがなんだか困り顔のサンタになってしまいました(笑)。なくて良かったですかね?!えのきは食感もよくてとてもピザに合っていて美味しかったです。

 

そして、マシュマロもリベンジ!昨日は大成功でした。とろ〜っと理想形で焼けました♪マシュマロは焦げやすいので、ちょっと茶色くなったくらいで取り出した方が良いです。すぐ真っ黒に焦げてしまいます。そして、引火しやすいので、生地からはみ出さないようにトッピングしてくださいね。

理想的な焼き上がりがコチラ!!

抹茶でちょっと隠れていますが、薄っすらと茶色に焼き色がついています。

スタッフの提案でやったマシュマロと抹茶はこの1年定番でしたが、このクリスマスはこれに初めてイチゴをトッピングしてみました。すると、マシュマロの甘さを抹茶の苦みが引き締め、苺の酸味とジューシーさがお口をさっぱりとしてくれるので、何回もお替りしたくなる美味しさ!苺ととっても合いました。
お子様で抹茶の苦みが苦手な場合は、マシュマロと苺だけでもとても美味しかったです。それぞれのご家庭で工夫しながら、是非この冬薪ストーブでピザ焼きをやってみて下さいね♪
そして、この土日は子供たちがキッズスペースでたくさん遊んでくれました。遊んでいるのは積み木の「つむ木」。遊んでいると木の香りもほんのりと香っております。これは誰が一番高く積み上げられるかの競争をしているようです。
野原にはこのようにキッズスペースもあるので、是非お子様連れで薪ストーブを見に来てください。
それでは、残り少しですが今日も素敵なクリスマスをお過ごしください♪
(有)野原 川上恵

 

author:野原スタッフ, category:日常, 15:48
-, -, bookmark
わっち生中継終わりました!

皆さまこんばんは〜!

 

先ほどわっちの生中継終わりました〜。

いやぁ、今回は前回より楽しむ余裕がありました(笑)。

とはいえ、今回は生放送中に2品も料理を振る舞うというミッションが!生放送中に本当にちゃんと焼き上がるのかどうか不安で、チキンの丸焼の蓋を開けた瞬間は、心底あぁ〜!良かった!と心の声が出ておりました。

本番始まる1時間半前に入れたチキンの丸焼き。一度も蓋を開けることなく本番だったのですが、さすが薪ストーブ!任せて安心でした。

 

ちなみにピザはリハーサルでは、こんな感じにとろーり焼けていたのですが

 

生放送中は時間の関係で、もうちょっとのところで出したのでとろける手前でした。そこだけがちょっと残念!けどチキンが完璧だったのでよしとしましょう♪今週末土日はピザ焼き体験できますで、是非とろけたマシュマロを食べに来てくださいね〜!

 

五月女舞香さんとこさぶろうさんと、うちのスタッフで社内にいたみんなと最後に記念写真パチリ

わっちのポーズ、6のマークだそう

 

リハーサルの時もこさぶろうさんと舞香さんは何回も美味しい美味しいと言ってチキンをおかわりして本気で食べてくれてました(笑)。こさぶろうさんはかなりのチキン好きだそうで、そのこさぶろうさんをもってして一番美味しいチキンだったと言ってもらえたので、もう本当に!大満足!お二人にはタッパーでチキンをお土産に持っていってもらいました♪

 

そして、この写真に写ってないのですが、青森テレビ岡田さんがこのような縁を作ってくれたのでした。2017年の新たな出会い、青森テレビの岡田さんもその一人。本当にお世話になりました。そして、このような素敵な番組に出してくれてありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

この後帰って録画した番組見るのが怖い・・・。変なテンションだったかな、私。早口だったかな?私。

けど、なんだかとっても楽しかったです!それが一番!

見て頂いた方、ありがとうございました。週末は是非野原に遊びに来てくださいね〜。

 

author:野原スタッフ, category:日常, 18:45
-, -, bookmark
23日(土)24日(日)は薪ストーブでピザ焼き体験やります

こんにちは。

今日は階上にも雪がシンシンと降っています。

これはホワイトクリスマスになりそうですね⛄

そう、いよいよ今週末はクリスマスイブとクリスマスがやってきます。

外はさむーい冬ですが、野原ではあったかーいイベントをやります。

 

この土日野原に来た方は美味しい焼きたてのピザを振る舞います。

10時〜15時を予定しています♪

ピザ焼き体験もできますので、ピザに好きな具をのっけてオリジナルピザも楽しんでみて下さい。お子様連れで是非どうぞ♪

 

 

今日はこの後野原から青森テレビ「わっち」が中継してくれます。

まもなくでーす。

ドキドキ

お楽しみに。

 

 

 

 

author:野原スタッフ, category:日常, 17:31
-, -, bookmark
薪ストーブのある保育園

こんにちは

 

今年も残すところあと半月となりましたね。今年は1月に19年勤めたレコード会社を辞め、4月からは実家青森県は野原の経営者として新しい人生を踏み出すという激動の年でした。

子供たちも保育園が変わり、実は今の保育園で3園目なんです。私も、それぞれの保育園の違いと良さを経験し、保育園って園によって方針が全然違うから面白いと思いました。

最初の保育園は1歳クラスから歯みがきの習慣があり、当たり前と思っていたら、次の保育園では危険だから歯みがきは3歳クラスから、とか遠足の時のキャラ弁は禁止とか独自のルールがありました。そして、これまでの2園ではどちらもジュースが出てきたことは1回もなかったのですが、今の保育園では給食やおやつにヤクルトやカルピスが出てきて最初は驚きました。子供たちは大喜びでした(笑)。東京では園舎も園庭がこちらほど大きくはなかったので、今の広い園庭と園舎で子供たちがのびのびと過ごしているのを見ては、あぁ引っ越して良かったなぁと思っています。そんなわけで、普通のママさんよりたくさんの保育園を経験している私なんですが、そんな私も驚きの保育園へ昨日、仕事でお邪魔してきました!

 

それは、八戸の小久保保育園です。もともとあった保育園の横に、新しい園舎を建てている小久保保育園なんですが、新しい保育園は、その外観にも木がふんだんに使われており、新しいのにまるで昔からそこにあったかのようなあったかい雰囲気を醸し出しているナチュラルで素敵な保育園でした。そこだけでも素晴らしいのですが、この小久保保育園の最大の特徴は、なんといっても薪ストーブが4台も入っているところなんです!

 

お話を聞いたところ、こちらの保育園が薪ストーブを導入しようと決めた最大の理由は、防災の意識からだったようなのですが、古くはたき火も教育の一環として行っていたこともあるそうで、薪ストーブを通して、直接火がどういう風に燃えるか子供たちに観察してもらったり、一緒に焼きいもを作って食べたり、火に触れる機会を作りたいという思いもあったそうなんです。

確かに今は、昔のように近所の焚火などで直接火に触れる機会もなかなかないですもんね。火が近くにあればこそ、火の怖さを知り、その熱さから距離の取り方を学ぶと同時に、上手な付き合い方、火の有効利用など学ぶものは多いと思います。小さいうちに学ぶのはとても大切なことだと思いました。火にこわごわと薪をくべたり、そいういう体験もこれからたくさんするのでしょうね♪ワクワクドキドキの子供たちの顔が浮かびます♪

 

昨日はまだ引っ越し前の新築の保育園に、初めての火入れで行ってまいりました。今度クリスマスの発表会をやるということでその前に薪ストーブに火入れをしてなじませる必要があります。最初はどんな薪ストーブもいきなりガンガン燃やしてはいけないのですよ〜。少しずつなじませるというのが大事です。

 

まず、保育園の中で一番大きなスペース、発表会も行われるホールには石(ソープストンーン)の薪ストーブ!こちらはハースストーン社(アメリカ)の「イキノックス」という薪ストーブを設置しました。

 

 

このストーブの最大の特徴は、薪ストーブの中でも最大級で圧倒的な暖房能力があり、最大96坪ほどの広い場所を暖められるパワーを持っているストーブということです。保育園のホールにはとてもぴったりなのですが、実は高齢者施設などへの設置でも好評をいただいており、「とっても暖かい!暖かさがやわらかく芯からじわっと温まる」と、喜びの声を頂いていたストーブなんです。イキノックスは高い能力を持つ反面、ストーブの近くでもジリジリ・ヒリヒリするような熱の伝わり方をせず、大らかに薪ストーブのある空間をやさしく包み込むような、柔らかな暖かさが魅力なのでお年寄りや、お子様の集まる場所にうってつけのストーブと言えるでしょう。

 

引きで撮ってますが、実際はもっともっと広いホールでした。その広い面積をこの薪ストーブなら1台で暖めることができちゃいます。

 

そして、火入れした様子がこちら。最初は少量の薪で様子をみます。

 

 

その他、調理場にはデマニンコア社(イタリア)のクッキングストーブ、「ドミノ6」

上に薪を入れて下の段で料理します。下の段にはオーブンプレートもあり、そこでクッキーを焼いたり、パイを焼いたりと様々なオーブン料理が楽しめます。保育園の調理場にクッキング薪ストーブがあるって、他にあるのかしら?レストランなどでこのクッキングストーブをいれているところはありますが、こうして保育園で焼きたての美味しい料理が食べられるなんて子供たちは本当幸せだと思いました。

 

そして、事務所には、ネスターマーティン社(ベルギー)の「ネスターマーティンS33 B-TOP」

こちらは針葉樹の薪を安心して燃やせると好評のストーブで、使いやすく、炎も綺麗に良く見えるストーブです。災害時、電気やガスなどが寸断された時でもこちらの保育園では、このように薪ストーブで暖もとれますし暗くなれば明かりも取れます。お湯をわかしたり、料理も作れるので、いざというとき、地域の避難場所として小さいお子さんを優先的に受け入れる心構えもあるということでした。

 

4代目のこちらは、バーモントキャスティングス社(アメリカ)の薪ストーブ「アスペン」

防災のため設置している薪ストーブですが、「アスペン」は小型なので、このように小さい部屋や小屋などを暖めるのに適しています。

 

備えあれば憂いなしと言いますが、防災意識は普段何もない時に考えておくのがとても大切。そういう意味ではこの小久保保育園はいざという時に一番頼りになる保育園だと思いました。地域にこういった施設は本当に必要ですね。

 

いつかこの保育園でピザ焼き体験イベントや、火が燃える仕組みとか、薪ストーブについて子供たちや親御さんと一緒に知識を深めるイベントをやってみたいなぁという想像もわいてきました♪ 野原で取り付けて良かったと思ってもらえるよう、今後も薪ストーブメンテナンスのアドバイスや楽しい薪ストーブの使い方の提案をしていきたいと思っています。

 

(有)野原 川上恵

 

author:野原スタッフ, category:日常, 10:00
-, -, bookmark